助け合い、協力する方法の戦い

「黒い砂漠」は、2次CBTで追加された連係プレーの様子は、4月14日(月)に公開された映像にて確認することができる。

連携プレーは、職業の種類に関わらず、レベル40を達成すると学習することができる波動スキルに基づいて習得が可能だ。

波動スキルはパーティーメンバーのような友好的な対象と接続し、特別な効果を受けたり、モンスターに接続して、弱点を攻略するように活用される。

一種の帯のような形式で文字と文字の間を接続するための最後の波動をモンスターに接続して、特定のアクションを妨害したり、スタンを与える可能性があり、味方同士で接続すると、防御力と回避力増加のほか職業別に所有しているスーパースキルを発動させることも可能である。

連携プレーによる特殊効果は波動が接続された形状に応じて決定される。例えば、直線のような形であれば、最後に波動を受けた仕事は、強力なスキルを使用することができ、まるで正方形のような波動の落ちがなく、お互いに接続された状態であれば、味方の防御力が上昇するのと同じである。

この方法は、映像を通じて確認ことができる。巨大なボスモンスターを相手にするときの背後にあるパーティーメンバーが波動を接続して、送信のスーパースキルを使ったり、互い集まって防御力を増加させて強力な攻撃を拡散させたりする。

このように「黒い砂漠」2次CBTでは、状況に応じて連係プレーを利用してボスモンスターを攻略することができる。テスター当選発表は4月17日に行われる。本格的な2次CBTのを開始する「黒い砂漠」の詳細情報は、公式ホームページを通じて確認することができる。