中国のTencent Gamesは10日、Blade & Soul の同時接続者が150万人と公式発表

今回の発表は、過去11月29日オープンテストで始まったBlade & Soul 中国のサービスの後、Tencentが初めて公式に発表した数値であるという点では重要である。

テスト初日の同時接続者は120万人、累積プレイユーザー1,800万人を記録し、現在220台のサーバーを運営するなど、急激な上昇曲線を描いたBlade & Soul の指標は、新年を迎え、安定化段階に入ったと分析される。

Blade & Soul 中国のサービスは、昨年、中国PC部屋シェア11%を記録し頂点をとった、League of Legends、クロスファイア、アラド戦記とのクロスイベントが終了したにもかかわらず、現在の7%台のPC部屋のシェアを記録している。これは、継続的にプレイするユーザーが形成されたことを意味している。

Tencentは、Blade & Soul が中国でMMORPGジャンルでは新記録を残した。中国内での人気を反映した基準である百度(バイドゥ)の検索指数は1,063,738を記録し、ゲーム部門で歴代1位を占めており、中国のメディアに書かれた記事が4万件を超えた。

一方、Tencentは、Blade & Soul の正式サービスを控えて様々なイベントを準備していることが分かった。

代表的には、Tencent GamesのメッセンジャーサービスであるWeChatと連動して、別のアイテムの販売を計画してコンテンツを更新するなど、現地化戦略を強化している。

20140110164847_1678
20140110164847_3447