キム・ヒョンテアートディレクター(AD)が、ブレード&ソウル開発チームを去ることが明らかになった。

1月8日、「Blade & Soul」のアートディレクタ キム・ヒョンテ氏は自身のブログを介して、NCsoftの「Blade & Soul」の開発チームである「Team Bloodlust」であるNCsoftを去ることになったと明らかにした。

キム・ヒョンテADは、2005年に初めて「Blade & Soul」開発チームに参加し、約8年間、NCsoftで在職してきた。彼は退社を「卒業」と称し、その中で一緒に働いていた「Team Bloodlust」の仲間たちとNCsoftに感謝の挨拶を伝えた。

また、今は初心に帰ってイラストレーターとしてユーザーに近付くことができる道を見つけようと心情を明らかにしている。

以下は、イラストレーター キム·ヒョンテ氏のブログからの抜粋である。

2005-2013
こんにちはキム・ヒョンテです。

2005年から2013年まで、約8年余りに渡った「Blade & Soul」の開発を終え、今のチームと会社を卒業するにあたって、文を書きます。

それこそ「卒業」という言葉が似合うほど多くの良い方々と一緒にあまりにも多くのことを学びました。
何よりも、身に余る多くの愛を受けました。 Team Bloodlust開発陣の皆さんと、B&Sを愛するユーザーの皆さん、そして助けてくれたNC関係者の皆様、 そして一緒にしてくださったすべての方々に心を込めて深く感謝いたします。

今後、どのような道をお見せするのかはまだ明らかではないが、もう一度初心に帰って イラストでユーザーの方々に近付くことができる道を探してみようと思います。

どのような選択をしても関心と応援お願い致します。 それでは近いうちにまた面白い作品で挨拶をすることをお約束申し上げながら、2014年1月8日「Blade & Soul」のアートディレクターとして最後のご挨拶申し上げます。 ありがとうございました!

キム・ヒョンテ イラストレーターは、これまでに「創世記伝」、「マグナカルタ」などの作品に加え、「ブレード&ソウル」の開発に参加し、韓国を代表するイラストレーターとして有名である。

今後の活動について多くの関心が高まっているが、まだ彼の次の作品の情報は公開されなかった。

なお、NCsoftは「1月初旬頃、正式に退社手続きを踏んだ」とキム・ヒョンテ アートディレクターの退陣を正式に発表している。