ティーザーサイトオープン、G-STAR 2013で新規映像公開予定

人間とキラや、二つの種族が団結して世界を開拓する話

ぺリア・クロニクルの世界観は、人間のキラナという生命体を中心とする。人間は静粛の女神ペリルの創造物であり、キラは混沌の神 アカシャの創造物である。種族は、2000年の間お互いを知らないまま生きており行くゆく二つの世界が近づくと、お互いを知るようになる事件が起こる。

この事件が起こると、フェリルは怒り、最終的にフェリルとアカシャの戦いが起こるようになる。戦いは両方の神がすべて崩壊した後になって止まり、日照りと荒廃した世界だけが残った。これ多くの生命が死んで行った人々は滅亡の危機に直面した。

この時、故郷を失ったキラ外出滅亡していく人間たちの地に集まってくる。これ人間とキラ私はお互いを敵対するか、和解して荒廃した世界を開拓するかを選択する必要がある状況に置かれる。
20131101182311_1701
世界観で重要な存在に言及されたキラ私は実際にプレーヤーと密接な関係を結ぶ存在でもある。キラ私はある種の召喚獣に種類に応じて様々な姿と能力を備えている。

特異な点がある場合はキラは私が他のゲームの召喚獣よりもはるかに重要な役割を果たすということである。どのようなキラは私持っているに応じてプレイヤーキャラクターの職業、スキル、機器が変わると言えるほどのプレイヤーと密接な関係を持つためである。
20131101182311_9447

20131101182308_1479

20131101182314_5062

20131101182314_2056
キラのアートワーク 種類によっては見た目と能力が千差万別である

クレプチンシステムで直接村を作る

荒廃した世界を再作り出さなければならないという世界観の設定​​もメインシステムに反映された、クレプチンシステムを利用してプレイヤーがゲームの中の世界に影響力を行使して変えていくことができ、影響力を行使することができる対象も多様である。NPC、建物、さらには自然環境にまでクレプチンシステムを適用することができる。

クレプチンシステムをうまく利用すると、プレーヤーが必要な自然環境を造成し、建物を作った後、雇ったNPCを配置して、世界に大きな変化を与えることができる。単純にプレイヤーが既に存在する村でクエストを受けてレベルアップをするゲームから抜け出し、ゲームの中の世界を作っていく積極的なプレーを目指すゲームだと見れば良い。

ゲームの中のすべてのものは、アニメーションのようなグラフィックスに実装された。開発元であるTHINSOFTが独自に開発した漫画のレンダリングエンジンを利用して作成されたためだ。

NEXONは来る14日、釜山BEXCOで開幕するG-STAR 2013でぺリア・クロニクルの新規映像を公開すると明らかにした。また、NEXONブースのメインステージ側にぺリア・クロニクルフォトゾーンが配置される予定である。

20131101182313_9882

20131101182307_6548

20131101182427_6771